2017年8月28日月曜日

雪の練習生(抄) 多和田葉子 近現代作家集 III/日本文学全集28

この作品は、全く日本文学という域を抜け出している。


主人公は、なぜか雌の北極熊。

サーカスで活躍していたが、踊りでひざを痛め、管理職として旧ソ連の意味のない会議に出席する日々。
自伝を書きたいという望みから、かつて自分のファンだったオットセイの編集長を訪ね、原稿を渡し、雑誌に取り上げられ、人々に注目される。

しかし、彼女の作品は、西ドイツでもドイツ語に翻訳され評判となり、当局の監視対象となってしまう。やがて、彼女はシベリア行きになりそうになるが、支援団体のおかげで西ドイツへの亡命に成功する。

しかし、今度は支援団体の監視のもと、執筆をなかば強制され、嫌気がさした彼女は、スモークサーモンが美味なカナダへ亡命する。

一見すると、童話のようにも思えるが、共産圏から西側諸国に亡命した作家たちの苦労がしのばれる。言語も人種も違うと、熊と人、オットセイほどの違いは大なり小なりあるのかもしれない。

それにしても、この雌熊は変に人間味があって可愛い。

0 件のコメント:

コメントを投稿